UMAMY GW特集

スグクル SUGUKURU
「うまい!」を全国へ 秋田市農産加工品等販売促進協議会 取り扱いクレジットカード
インフォマート
2017年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
2017年 05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
飲酒は20歳になってから 秋田ずらり店長

秋田スイーツ

菓子舗 榮太楼

菓子舗 榮太楼

伝統を守り、進化し続ける秋田の老舗菓子店

伝統を守り、進化し続ける秋田の老舗菓子店 明治16年、秋田市の中心部を流れる旭川沿いに店舗を設けた榮太楼。創業以来、少しずつその場所を移しつつも、この旭川沿いに店舗を構え続けることを誇り、秋田という土地を想い、ともに歩んできました。榮太楼の菓子作りの伝統の技やその味は、職人から職人へ語り継がれてきました。時代の変化に柔軟に対応し、常に新しいお菓子作りを追求し、これまで発売された商品は2万点以上に昇ります。その精神は多くのお客様の支持を獲得し、秋田を代表する菓子舗としての地位を確立したのです。

秋田銘菓「さなづら」

秋田銘菓「さなづら」 秋田の方言で「さなづら」とは、山ぶどうのこと。その濃縮果汁を寒天と合わせてゼリー状にしたものが秋田銘菓「さなづら」です。その味は山ぶどうの甘酸っぱさと風味が凝縮された逸品。職人の感と味覚が活きるその製法は、今も昔も変わらずに受け継がれています。

大町本店 芳賀店長のお勧め「御幸の華(みゆきのはな)」

大町本店 芳賀店長のお勧め「御幸の華(みゆきのはな)」 もろこしは小豆の粉と砂糖を混ぜて木型に詰め、それを焼き上げてできる秋田を代表する銘菓。榮太楼のもろこし「御幸の華」は、五所車と鳳凰に象った木型を使用し、最高級の小豆の粉を炭で乾燥させることで、独特の味わいを引き出した逸品。「さなづら」と同じく発売から変わらぬ製法とその味は、大町本店 芳賀店長お勧めの一品です。

ページトップへ