• うま芋ん
  • 小松谷リンゴ園
  • ぎばさ
  • 稲庭うどん
  • 手仕込み豆板醤
「うまい!」を全国へ 秋田市農産加工品等販売促進協議会 取り扱いクレジットカード
インフォマート
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
飲酒は20歳になってから 秋田ずらり店長
山形の特産品の購入はこちら↓
山形ずらり

美術工芸品

仁右衛門塗

仁右衛門塗

川連漆器の技術が活きる仁右衛門塗

仁右衛門塗とは 日本三大漆器である川連漆器。鎌倉時代、源頼朝の家人が秋田・川連地区にて家臣に命じ武具に漆を塗らせたのが始まりとされ、約400年前に産業の基盤としてお椀作りが始められたと記録に残っています。「仁右衛門塗」は、川連漆器の技術に加え、日本各地の漆器技術を融合し、日常の多くの場面で気軽に使用される漆器、キズの付きにくい漆器を目指した独自の技術を施しています。

仁右衛門塗の特徴と箸

仁右衛門塗の特徴 仁右衛門塗は、多くの工程を必要とし一般の塗りよりも手間を要しますが、立体感があり、傷つきにくく、使い込むほどに艶が出てくるのが特徴と言えます。一本一本手造りで制作される仁右衛門の代表作と言える箸は、丈夫で長持ちし、その丁寧な作品は多くの方々に愛されています。

秋田ふるさと村

躑躅の森 仁右衛門塗りを支えているのは、代表である躑躅森健氏の家族。楽しく明るい躑躅森家の皆が、秋田県横手市ふるさと村にあるお店「躑躅の森」にて仁右衛門塗りの作品を販売しています。

躑躅森健氏

躑躅森健氏 仁右衛門塗の代表である躑躅森健氏(つつじもり けん)。伝統的な川連漆器の技を継承しながらも、モダンなデザインの一輪挿しやユニークな形状をしたイスなど常に新たな作品を世に送り出しています。

※「一輪挿し」や「イス」などその他の作品も、今後「秋田ずらり」にて販売予定です。

ページトップへ