• カルソッツ鍋
  • 稲庭うどん
  • 手仕込み豆板醤
「うまい!」を全国へ 秋田市農産加工品等販売促進協議会 取り扱いクレジットカード
インフォマート
2017年 08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
飲酒は20歳になってから 秋田ずらり店長

秋田のお酒

千代緑 奥田酒造

奥田酒造

奥田酒造の歴史

奥田酒造の歴史 延宝年間創業以来、三百有余年の歴史を誇る酒蔵、奥田酒造は、秋田県仙北・協和地域の地酒として親しまれる「千代緑」を造り出しています。初代蔵元が、この街から望める初夏の緑美しい山々を詠った、「若葉映ゆる 四方の山々 千代緑」という俳句から銘付けられたとされています。店舗兼主屋は、戦後の日本を代表する建築家、白井晟一氏が設計。軽快で洗練された造形を有する当蔵は、国の登録有形文化財にも指定されています。

酒蔵の特徴

奥田酒造の特徴 奥田酒造の佇まいは、一見でシンプルでモダンな美しさを感じさせます。店舗の入口から奥へ進むと目に留まるのが貯蔵蔵。その重厚な面持ちは創業300年という本蔵の歴史の深さを感じることができます。全面板張りの麹室や蔵を支える梁、そして酒蔵全体を包む厳格な空気感に、永き歴史を刻む奥田酒造の本懐を垣間見ることができます。「千代緑」の名の通り、緑豊かで爽やかな夏のイメージがよく似合う独特な建造物です。

奥田酒造の酒造り

奥田酒造のこだわり 昔から変わらない「造り酒屋」を内実ともに受け継いでおり、緑茂る自然の静謐さをその味に溶かしこんでいます。その滑らかな舌触りは、奥羽山系の良質な水と、多雪寒冷な気候、そして地元の良質な米の恩恵であり、奥田酒造の家付酵母が「やさしく、穏やかな」な味わいを引き立てると言われています。洗米から瓶詰めまですべての工程において原料と真摯に向き合いながら、奥田酒造ならではの、ここにしかない日本酒を世に送り出しています。

杜氏紹介 高橋隆男氏 Takao Takahashi

奥田酒造 杜氏紹介 酒造り歴50年の高橋隆男杜氏から、酒造りに取り組む蔵人の姿勢についてお話をうかがいました。

「いい酒を造るためには、まずは日頃の生活から正しく律していく必要があります。整理・整頓、簡単な言葉ですが、造り手の酒造りに対する姿勢そのものが、繊細な日本酒の味に表現されてしまいますから。蔵人がひとつの輪になって同じ想いで酒造りに取り組むことが、良質な酒を造るポイントになると考えております。本来の酒造りを実践できる奥田酒造である杜氏として酒を造れることをとても幸せなことだと感じています。  奥田酒造の財産とも呼べる歴史ある蔵とここに棲む家付酵母、この土地の環境すべてで千代緑という唯一のお酒が出来上がります、まろやかな風味と味を多くの方に楽しんでいただければと思います」

※高橋隆男杜氏プロフィール
新政酒造など秋田県内の蔵元で経験を積み、平成18年より現職。

ページトップへ