「うまい!」を全国へ 秋田市農産加工品等販売促進協議会 取り扱いクレジットカード
インフォマート
2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
飲酒は20歳になってから 秋田ずらり店長

お米と雑穀

平沢商店

平沢商店 五ツ星お米マイスター 三ツ星お米マイスター

秋田県産米を中心に取り扱う「お米専門店」

平沢商店
秋田市大町にあるお米の専門店「平沢商店」。店内には、秋田県産のお米を中心に常時20種類以上がずらりと並びます。直接産地に足を運び、生産者の話を聞き、納得のいくお米だけを仕入れ、試食をした上で製品化しています。店頭精米では玄米を量り売りで提供し、お好みの白さ(精米の段階)に精米してもらえます。「最近は、健康志向で玄米の栄養価を残したいという若い方が増えています。そんな方には、玄米と白米の中間のお米『分づき米』をおすすめしています。初めての方や、普段白米を食べている方には、比較的白米に近い9分づきや7分づきが好まれますね」と話すのは、五ツ星お米マイスターの資格を持つ平沢店長。

五ツ星の資格を持つのは県内で2名のみ

平沢商店
「お米マイスター」とは、日本米穀小売商業組合連合会(通称「日米連」)が認定する米穀店の資格で、お米に関する"幅広い知識"と"確かな技術"、"豊かな経験"を持ち、お客様の好みに合わせた商品を提供できるお米のスペシャリストのことを言います。平沢商店には、『三ツ星お米マイスター』が2名、さらに高度な知識や技術が必要とされる『五ツ星お米マイスター』が1名在籍。五ツ星の資格を持つのは秋田県内でわずか2名で、そのうちの1人が平沢店長なのです。

お客様一人ひとりに合うお米を提案

平沢商店
秋田県産のお米といえば『あきたこまち』が有名ですが、他にも『淡雪こまち』、『ゆめおばこ』などの品種があり、同品種でも産地や育て方によって出来が変わってきます。例えば同じあきたこまちでも、標高が高く朝晩の気温差が大きい棚田で育てると、平地よりも粒のしっかりしたお米に育ちます。「品種だけではなく、味や食感の違いを見極め、お客様の好みに最も合うお米をおすすめするのが私たちお米マイスターです」と平沢店長。商品POPには詳しい解説はもちろん、品種ごとの味の違いがグラフで分かりやすく表示され、専門店ならではの工夫がいっぱいです。

生産者と消費者との“橋渡し”をしていきたい

平沢商店
お米は、良い原料・適した精米・正しい炊飯、この3つが揃って初めて美味しいご飯になります。平沢商店では、丼にはコレ、魚にはコレ、肉にはコレと、合わせる料理との相性や栄養価を考えたお米の提案や、美味しいご飯の炊き方も伝授しています。「お客様へのこういったアドバイスは量販店では難しい、専門店だからできること。これからも生産農家とお客様の声をしっかりと聞いて、その中間に立つ者として橋渡し的な役割を果たしていきたいですね」。

平沢商店では、小学生や一般主婦に向けた「お米出前教室」も開催し、土鍋炊飯や試食などを通してたくさんの人々にお米の素晴らしさを伝えています。
こだわりのお米をただ販売するだけではなく、その魅力を存分に引き出し、求めている消費者とのマッチングを行う。「お米マイスター」の情熱は、これまでに体験したことのない新たな「お米」との出会いを、次々と生み出しています。
ページトップへ