「うまい!」を全国へ 秋田市農産加工品等販売促進協議会 取り扱いクレジットカード
インフォマート
2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
飲酒は20歳になってから 秋田ずらり店長

秋田ずらり 秋田の野菜

鈴木青果問屋

鈴木青果問屋 山菜の塩蔵 水煮加工 青果

天然物の山菜を全国のお客様へお届けします。

鈴木青果問屋 鈴木社長 天然山菜 創業80年の鈴木青果問屋は、山菜の塩蔵・水煮加工と青果の卸売業を営んでいます。秋田県の出羽丘陵で採れる天然物の山菜を、塩漬け・塩抜きをして全国のお客様へお届けします。
鈴木社長のこだわりは、おいしさをそのままお届けすること。「天然ものは歯ざわりが全然ちがう。この美味しさをそのまま届けられるよう、日々研究しています。」と、こだわりの天然山菜を届けるための探求心はとどまることを知りません。

しっかりと食べごろを見分けて収穫する山菜採り名人たち

山菜採り名人 天然山菜生産量日本一 秋田県は天然山菜生産量日本一。しかしながら、天然の質の良い山菜は容易く手に入りません。3月頃からふきのとうが芽吹き、10月のみずこぶの収穫時期までたくさんの山菜採り名人の方々が、自らの足で手で目でしっかりと食べごろを見分けて収穫するのです。
自然の山のため、崖などの足元が悪い場所も多く、熊よけの笛は欠かせません。名人たちの苦労があるからこそ、おいしい山菜が食べられるのです。

美味しい山菜を食べてもらいたいという心は皆ひとつ

手作業の心 塩抜き処理 山菜は自然の山から採られるため砂や虫などが多く、しっかりとした洗浄・仕分けが必要です。塩抜き処理された山菜は専用の洗浄機に加え、最後は人の目でしっかりと仕分けします。「自然のものだし、手で収穫しているから、少し悪くなっているところや汚いところもある。食べてくれる人たちが嫌な思いをするのは私たちだっていやでしょう?食べる人の気持ちになれば、こういった作業も苦になりません。」美味しい山菜を食べてもらいたいという心は皆ひとつです。

ページトップへ