• カルソッツ鍋
  • 稲庭うどん
  • 手仕込み豆板醤
「うまい!」を全国へ 秋田市農産加工品等販売促進協議会 取り扱いクレジットカード
インフォマート
2017年 08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
飲酒は20歳になってから 秋田ずらり店長

肉・加工品

ホルモン幸楽

ホルモン幸楽

親不孝通りのソウルフード

親不孝通りのソウルフード 通称“親不孝通り”と呼ばれる秋田県鹿角市屈指の飲み屋街にある「ホルモン幸楽」。秘伝のタレに漬け込んだ豚の腸やハツ、牛ミノ、センマイをジンギスカン鍋に豪快に入れて焼く独特のスタイルで頂きます。大きく刻んだキャベツと豆腐も一緒に焼いてしまうのが「ホルモン幸楽」流です。そして、ここから生まれたホルモン焼きのスタイルは、今では秋田県民にとって定番。この食べ方に疑問を持つ県民は誰ひとりとしていない程、地元のソウルフードとして根付いています。

ホルモン幸楽のルーツ

ホルモン幸楽のルーツ その始まりは、昭和26年。現在のホルモン幸楽取締役専務でいらっしゃる中島信明さんのおばあさまが生み出したといいます。韓国国籍であったおばあさまは、在日韓国人のお孫さんとご結婚後、秋田へ移り住み、このホルモンを提供する食堂「幸楽」を造りました。韓国焼肉のプルコギにヒントを得て作り上げたホルモン幸楽の味は、地元の人たちにとってまったく新しい斬新な味付けと、その気軽な価格とスタイルで人気となりました。

全国へと広がる幸楽ファン

全国へと広がる幸楽ファン 手作業で丁寧に洗浄する下ごしらえから、独自に開発したタレに漬け込み作業と、その味を守り抜くために手間暇を惜しまないホルモン幸楽。現在では秋田県内で3店舗を運営するほどに成長しました。大きく広がっても、その味と品質に妥協しないホルモン幸楽の味は、長年のファンを一番に大事にしている証拠であり、リピーターが後を絶たない理由なのです。

おばあちゃんの精神を受け継ぐ

おばあちゃんの精神を受け継ぐ 良男さんと共に現在、専務取締役としてホルモン幸楽を支えているのが、創業者の孫にあたる中島信明さん。信明さんにとってみれば、ホルモン幸楽は“おばあちゃんの味”。鹿角市民にとってのお袋の味を大事に受け継いでいらっしゃいます。「おばあちゃんの味が、こんなに多くの方に喜んでもらえるようになって本当に嬉しいですね。これからも多くの人に知って頂きたいので、販路拡大を目指していますが、この味はずっと変わらず伝えていきたいと思っています。」と、愛情たっぷりに思い出を噛み締めるように語って下さいました。

ページトップへ